オスグッド・シュラーター病

どんなものか?

オスグッド病とは、膝のお皿の下にある軟骨が剥離することで、痛みなどが起こります。

次のような症状が出現しやすいです。

・正座ができない

・膝の下が突き出る

・運動している時は痛いが、休むと治る

・膝の下の痛み、腫れ、熱感など

   原因は2つ

・身長が伸びる時期に、筋肉や腱などは骨と同様に出来ず、太ももの前の筋肉の柔軟性が低下して硬くなる。

・太ももの前の筋肉を伸ばす動作を繰り返すことで膝のお皿の下にある軟骨が裂離する。

オスグッドは小学生高学年から中学生に多いです。

野球、サッカー、ハンドボール、ゴルフ、サーフィン、バレーボール、バスケなどに多いです。

 

 

改善するために

膝への負担を軽減するための施術を行います。膝周辺の筋肉の緊張はもちろん骨盤周りの筋肉、関節、骨の調整を行います。・姿勢を改善して、全身のバランスを整えます。

そのようなことを行う事により、膝へに負担が軽減します。

症状再発を予防するために

・運動の前後に骨盤、太もも周りストレッチをする

・入浴後もストレッチを行い、柔軟性を高める

・運動後、膝周辺を冷やす

・膝の痛みがあるときは、スポーツ活動を休む

当院ではオスグッド病に悩んでいる患者様が施術により改善しています