骨盤矯正

骨盤は体の【幹】となる部分です。この部分が歪むことや可動性が減少することで体に様々な悪影響を及ぼします。
何故骨盤は歪むのか?について、またどうすればいいのか?などについてご説明いたします。

骨盤矯正ストレッチ|辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院

骨盤が歪むとどんな症状が出るの?

骨盤矯正ストレッチ 辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院

・腰痛
骨盤が歪み、左右差や前に行きすぎたり、後ろに行きすぎたりすることで、骨盤の上に乗っている背骨も同様に左右差が出ます。その左右差を補うために筋肉が緊張し腰痛として現れます。

骨盤矯正ストレッチ 辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院

・ぽっこりお腹【下っ腹が出やすくなる】
骨盤が歪む原因として筋肉がしっかりと働いていない状況となります、そのため骨盤とお腹周辺は密接な関係となるため、お腹を引き締める役割をしている筋肉が働きずらくなり、お腹周りが出やすくなります。

骨盤矯正ストレッチ 辻堂茅ヶ崎サルビア整骨院

・下半身が浮腫む
骨盤周囲には下半身に行く大きな動脈【下行大動脈(かこうだいどうみゃく)】があり、骨盤の歪みや左右差により筋肉が硬くなり、血流が悪くなることで、リンパの流れも抑制され下半身が浮腫みやすくなります。

骨盤って詳しくどんな骨なの?

骨盤矯正 辻堂茅ヶ崎整骨院サルビア整骨院

5つの骨で出来ているのが骨盤
骨盤とは一言で言っても専門的には“骨盤帯(こつばんたい)”といいいくつかの骨が連結されてできている部分を指します。整世紀には骨盤という骨の名称は存在しません。画像にも記載されているように
骨盤=仙骨(せんこつ)+腸骨(ちょうこつ)+坐骨(ざこつ)+恥骨(ちこつ)+尾骨(びこつ)
この5つの骨のつながりで骨盤が形成されています。また、この腸骨、坐骨、恥骨は左右一つずつ存在する骨となり、この骨盤の水辺角度は基本的には一定を保とうと体が勝手に調整しています。そのため、右側の骨盤が上に上がっているように歪みが生じれば左側の骨盤は下がります。その左右差のことを骨盤の歪みと一般的には言われています。

骨盤矯正 辻堂茅ヶ崎整骨院サルビア整骨院

5つの骨で出来ているのが骨盤
上記の画像のように骨盤は色々な部分とつながっている。そのため当サルビア整骨院では骨盤は体の“幹”ととらえております。画像の様に、腰、股関節の骨盤は連結されています。そのため、骨盤が歪む、もしくは骨盤の可動域が減少することで、連結している腰や股関節の可動域も減少します。また、骨の上には筋肉が付着しているため、可動域が減少し、動きが悪くなった部分に付着している骨は筋肉が使われずらくなり弱くなる、もしくは体重を支えるために過度に緊張するこのどちらかの現象が発生します。その現象が腰痛や股関節の可動域の減少として現れます。

なんで骨盤は歪むの?

骨盤の歪みの原因は様々考えられますが、根本的には

によって発生します。 骨盤を正常な位置に保つべき筋肉の働きが弱くなり、その弱った筋肉を補うため他の部位の筋肉が緊張することで、骨盤が筋肉に引っ張られて骨盤が歪みます!冒頭でも記載したとうり骨盤は体の“幹”となる部分です。その部分の割らりの筋肉が片方だけ過度に緊張していたり、弛緩していることで他の部分にまで影響を及ぼします。
例えば、右の骨盤が上がっているような歪みをお持ちの方は、股関節の前に付着している筋肉が緊張しすぎているケースが多いです。そのため股関節の部分から腰に付着している“腸腰筋”という筋肉も一緒に引っ張られて緊張します。そうすることにより骨盤と股関節の可動域が減少し、腰痛の原因となります。

具体的に筋肉はどこ?

骨盤底筋

・骨盤の安定化に重要な筋肉は“骨盤底筋(こつばんていきん)”と“腹横筋(ふくおうきん)”です。この2つの筋肉が緩んだ状態になることで、骨盤の安定が図れず、周りの筋肉に引っ張られて歪みの原因となります。
特に女性の場合、出産などで骨盤を開くため、骨盤底筋と腹横筋を意識的にトレーニングを行う必要があります。
筋肉は弛緩(緩んだ状態)でいると、緩んだ筋肉自体が勝手に『私は収縮(力が入る様に)しなくてもいいんだ~』とドンドン弱くなっていきます。そのため骨盤を安定化させる、安定化を持続させるためにもインナーマッスルである骨盤底筋と腹横筋を鍛え骨盤をしっかりと締める必要があります。トレーニングというとダンベルを持ち汗水たらして一生けん命行うというわけではなくインナーマッスルという体の深部にある筋肉をトレーニングする場合は、『これで筋肉鍛えられてるのかな?』というほど体に実感する負荷はありません。しかしそれが重要となります。逆に体に大きな負荷を感じている場合はインナーマッスルではなくアウターマッスルという外側にある大きな筋肉に負荷が加わってしまっているため起きる現象のため刺激を加えたい骨盤を安定化させるために必要な骨盤底筋や腹横筋にしっかりと負荷がかかっていないということになります。

家で出来ることはありますか?

自宅で出来る簡単で効果的な運動は

です、腹式呼吸を行うことで、骨盤底筋に刺激を入れることは困難ではありますが、腹横筋に刺激を入れることができるため骨盤の安定化には役立ちます。

やり方
全て息は口から吐き、口から吸います。
空気を吸いながらお腹を膨らませ、空気を吐く際にお腹をへこませます。 この時、吸うときには限界までお腹を膨らませて空気を吸い、お腹の空気がなくなるまでへこませながら吐き切ります。

湘南エリア初!骨盤矯正ストレッチのご案内、詳しくは下記画像をクリック

アクセス・診療時間

〒253-0034 神奈川県茅ヶ崎市緑が浜7-25
TEL:0467-84-8259

診療時間

平日・土 9:00~13:00 /16:00~20:00
日・祝 9:00~12:00 /14:00~17:00

休診日

水曜午後・木曜日

最寄駅

辻堂駅バス5分/整骨院に駐車場5台完備

    pagetop