サーフィンによるケガについて

サーフィンも競技スポーツの一つです。そのためケア方法や予防方法の知識は重要と考えております。ここではサーフィンに関する様々な痛みの原因やケア方法などをご紹介いたします。

サーフィンと私(院長小泉)について

サーフィン けが 辻堂茅ヶ崎整骨院サルビア整骨院

3度目の正直
私は茅ヶ崎市で生まれ、中学生の頃はボディーボードが流行りだした真っ最中でした。我が家は野球一家でしたので当然の様に幼少期から野球をおこない、野球の練習が終わった後に友達とボディーボードを海にやりに行っていました。高校は県外で寮生活のため海から離れ『野球が終わったらサーフィンをしよう!』と思っており、念願のサーフィンデビュー!!家から近いキラーサーフさんで新品の板を購入し意気揚々と海へ☆しかし、まったく出来ない。。。周りの人は簡単そうに立ち上がるのに立つこともできない。『なんだよ、めっちゃムズイじゃん』と感じひと夏は頑張ってみたのですがそんなに甘くはなくサーフボードは倉庫の奥底へ。。。もったいなすぎる(泣)
そして、結婚し夫婦共通の趣味を持とう!と二人でサーフィンをすることに、今回はウェットスーツも購入、二人とも板は中古でしたが揃え、いざ海へ!案の状全くテイクオフはできない日々が続きましたが、それなりに楽しく行っていました。数回ほど海へ行ったある日、波が今思えば初心者では入らない波の高い日に入り、周りの人のスピードや波の威力に恐怖を感じた妻と私。。。それから『海怖いすぎ』と2回目のサーフィンチャレンジも失敗。ウェットスーツはブックオフへ(泣)
その後開業し、K-1格闘家伊澤波人さんの紹介でプロサーファーの粂浩平さんから当院でサポートしてもらえないかというありがたいご要望をいただき現在も当院にてメディカルサポートさせていただいております。そのため『プロサーファーをサポートするのにサーフィンできません、してませんじゃ話にならない!』と思い、妻を説得し3度目のサーフィンチャレンジ。はじめは何度かスクールに通いロングボードを購入!『どうせまた飽きんだろ!』と妻に尻を叩かれ始めましたが、今では週に1~2回程度ですが海へ行き、ユーチューブやインスタなどもサーフィン関連を毎日見るほど馬鹿ハマり!!!サーフィン最高じゃん!!!!30歳前半にてはじめた趣味にこんなにハマるとは自分でも驚きでした。
下記に色々とサーフィンの体にまつわることについて偉そうに記載させていただいておりますが、私自身サーフィンはドヘタです。。。ですが自分なりにサーフィンの体について検討し、実際に多くの患者様を治療させていただいた経験を基に記載させていただいております。ご覧いただいたサーファーの方に少しでも役に立てれば幸いです。

ケガについて

腰痛について
サーフィンで最も多い外傷は腰痛です。しかし、サーフィンの腰痛で重度な腰痛(腰椎分離症(ようついぶんりしょう)や腰椎狭窄症(ようついきょうさくしょう))などになるケースは少なく、背部や腰部の筋肉が緊張したことで痛みを発生する腰痛が多くの割合を占めています。これは日常生活も大きく関係しており、立ちっぱなし、もしくは座りっぱなしなど同じ体勢を長時間持続させることで筋肉が緊張し、その筋肉が緊張している状態でサーフィンを行うため腰痛として痛みが発生するケースが大半を占めております。そのため、マッサージやストレッチなど筋肉が柔らかくなることを行うことでサーフィンの腰痛は予防改善できると考えられます。詳しくは下記の画像をクリックしてください。

肩痛について
サーフィンにて腰椎について多いのがパドルや波に巻かれたなどによる肩のケガです。これも日常生活で肩甲骨や首コリ、肩こりなどがありパドルでは肩甲骨と肩を一緒に使い板を漕ぐと思うのですが、肩甲骨の筋肉が緊張してしまっている状態でガシガシとパドルを行うため、肩甲骨がうまく動かず肩の筋肉のみでパドルをし続けることにより肩に炎症が起き痛みが発生します。これも筋肉や肩甲骨が固いのが原因となるため緊張をやわらげ、可動域を拡大することで肩の痛みは減少できると考えられます。波に巻かれ肩を捻るなどの突発的に損傷したケガなどは安静が必要です。捻挫といったら足首のイメージがありますが、全身の関節どこでも捻挫を発生させます。捻挫は靭帯の損傷のことをいい損傷度合いにもよりますが、一番軽い捻挫のことを1度損傷といいますが、1度損傷でも1週間程度は安静が必要となります。そのため突発的に肩が痛くなり腕が上がらないなどの場合は速やかな医療機関への受診をおすすめいたします。話が少し逸れてしまいましたが、サーフィンの肩の損傷について詳しくは下記の画像をクリックしてください。

肋骨(わき腹痛)痛について
サーフィンで意外と多いのが肋骨(わき腹が)痛いといった症状でお悩みの方がいます。これは打撲傷によるものが大半でして、サーフィンのトップ選手であれば強くカットバックした際にわき腹を痛めることがありますが、多くの場合はサーフボードがわき腹にあたることで痛みが発生しています。詳しくは画像をクリックしてご覧ください。

足首の捻挫
サーフィンの損傷で一番怖いのが足首の損傷です。浅瀬で板から降りた際に足首を捻ったといった捻挫のケースもあります。その場合はほとんどが1度損傷の捻挫であり1週間程度安静にしていれば日常生活もサーフィンも復帰することができます。しかし、エアーの着地を板の上で捻ったや波の浮き上がりがエアーの着地の部分で発生し足首に強い衝撃がはしった、などのケースは重度な捻挫のケースが多く、靭帯損傷や骨折の可能性が多くあります。その場合はしっかりとギプスで固定を行い、筋力を戻すためにリハビリなども行いと治療期間が長くかかりやすく、足首など冬場冷たい海水につけ冷えることで痛みが復活するケースもあります。エアーやカットバックで大きな波から降りた時に足首を捻ったり痛みが出た場合は速やかな医療機関への受診をおすすめします。

サーフィンに関する体について

痛めた後の対処方法

アクセス・診療時間

〒253-0034 神奈川県茅ヶ崎市緑が浜7-25
TEL:0467-84-8259

診療時間

平日・土 9:00~13:00 /16:00~20:00
日・祝 9:00~12:00 /14:00~17:00

休診日

水曜午後・木曜日

最寄駅

辻堂駅バス5分/整骨院に駐車場5台完備

    pagetop